Generator.prototype.throw()

throw() メソッドは、ジェネレーターの例外を、エラーを発生させることで再開し、 donevalue の2つのプロパティを持ったオブジェクトを返します。

構文

gen.throw(exception)

引数

exception
発生させる例外。デバッグ時には instanceof Error を行うと便利です。

返値

2つのプロパティを持つ Object です。

done (boolean)
  • イテレーターが反復処理の末尾を過ぎている場合、値は true になります。この場合、 value はオプションでそのイテレーターの返値を指定します。
  • イテレーターが反復処理の次の値を生成することができた場合、値は false になります。これは done プロパティを指定しない場合も同等です。
value
イテレーターが返す何らかの JavaScript の値です。 donetrue の場合は省略可能です。

throw() の使用

次の例では、簡単なジェネレーターと、 throwメソッドを用いて発生させるエラーを示します。エラーは通常 try...catch ブロックによって受け取られます。

function* gen() {
  while(true) {
    try {
       yield 42;
    } catch(e) {
      console.log('Error caught!');
    }
  }
}

const g = gen();
g.next();
// { value: 42, done: false }
g.throw(new Error('Something went wrong'));
// "Error caught!"
// { value: 42, done: false }

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Generator.prototype.throw の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報