この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

エラーをジェネレータにスローします。

構文

gen.throw(exception)

引数

exception
スローする例外。 デバッグのために、例外にinstanceof Errorさせるのに役立ちます。

例: throw()を使う

次の例では、 throwメソッドを用いてスローされる簡単なジェネレータとエラーを示します。エラーは通常try...catchブロックによって受け取られます。

function* gen() {
  while(true) {
    try {
       yield 42;
    } catch(e) {
      console.log("Error caught!");
    }
  }
}

var g = gen();
g.next(); // { value: 42, done: false }
g.throw(new Error("Something went wrong")); // "Error caught!"

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Generator.prototype.throw の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!
機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? 26 (26) ? ? ?
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? 26.0 (26) ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: SphinxKnight, shide55
最終更新者: SphinxKnight,