WorkerGlobalScope.console

この記事は翻訳作業中です。

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Console インターフェイスの読み取り専用 console プロパティは、ワーカーにブラウザコンソールへのアクセスを提供する Console オブジェクトを返します。

構文

var consoleObj = self.console;

Console オブジェクト

このプロパティはワーカー内でデバッグのためにブラウザコンソールへアクセスすることを可能にします。よって、例えばこのようにコールできます

console.log('test');

inside a worker (which would basically be the equivalent of self.console.log('test');, as these are being called on the worker scope, which can be referenced with WorkerGlobalScope.self), to return a test message out to the browser console.

If you are calling console.log() from a DedicatedWorkerGlobalScope or other worker scope that acts on a single loaded window, that tab's web console will receive the logs. However, If you are calling console.log() from a SharedWorkerGlobalScope, the global browser console will receive the logs.

仕様

仕様の一部ではありません。

Browser compatibility

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応4 ?291 あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 ? あり ?291 ? ? あり

1. Before Firefox 30, the console would be of type WorkerConsole instead of Console.

関連

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: yumemi-kuwahara
最終更新者: yumemi-kuwahara,