この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

読み取り専用プロパティのWindow.consoleは、ブラウザのコンソールへ情報を出力するメソッドを提供するConsoleオブジェクトへの参照を返します。これらのメソッドで出力される情報はデバッグ目的のものであり、ユーザーへ情報を提示するために使われるべきではありません。

Syntax

var consoleObj = window.console;

Examples

Logging to console

一つ目の例はテキストをコンソールに出力します。

console.log("An error occurred while loading the content");

次の例では開閉ウィジェットによって要素が展開可能な状態でオブジェクトをコンソールに出力します。

console.dir(someObject);

より詳細な例についてはUsage in Consoleをご参照下さい。

Specifications

Specification Status Comment
Console API 現行の標準 Initial definition.

Currently there are many implementation differences among browsers, but work is being done to bring them together and make them more consistent with one another.

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: mdmss37
 最終更新者: mdmss37,