VRPose.angularVelocity

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

angularVelocityVRPose インターフェイスの読み取り専用プロパティで、現在の VRPose.timestamp における VRDisplay の角速度ベクトルを表す配列を、ラジアン/秒単位で返します。

メモ: このプロパティは古い WebVR API の一部でした。これは WebXR 機器 API に置き換えられました。

言い換えれば、センサーが xyz 軸を中心に回転したときの現在の速度です。

Float32Array です。または、 VR センサーが角速度情報を提供できない場合は null になります。

// rendering loop for a VR scene
function drawVRScene() {
  // WebVR: Request the next frame of the animation
  vrSceneFrame = vrDisplay.requestAnimationFrame(drawVRScene);

  // Populate frameData with the data of the next frame to display
  vrDisplay.getFrameData(frameData);

  // Retrieve the angular velocity values for use in rendering
  // curFramePose is a VRPose object
  const curFramePose = frameData.pose;
  const angVel = curFramePose.angularVelocity;
  const avx = angVel[0];
  const avy = angVel[1];
  const avz = angVel[2];

  // render the scene
  // …

  // WebVR: submit the rendered frame to the VR display
  vrDisplay.submitFrame();
}

仕様書

このプロパティは古い WebVR API の一部であり、これは WebXR 機器 API で置き枯れられました。標準規格になる見込みはありません。

すべてのブラウザーが新しい WebXR API を実装するまで、 A-FrameBabylon.jsThree.js などのフレームワークを使用するか、ポリフィルを使用することが、すべてのブラウザーで動作する WebXR アプリを開発する上で推奨されます。[1]

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報