PerformanceObserver.takeRecords()

PerformanceObserver インターフェイスの takeRecords() メソッドは、パフォーマンスオブザーバーに格納されているパフォーマンスエントリの現在のリストを空にして返します。

構文

var PerformanceEntry[] = performanceObserver.takeRecords();

パラメータ

なし

戻り値

PerformanceEntry オブジェクトのリスト

var observer = new PerformanceObserver(function(list, obj) {
  var entries = list.getEntries();
  for (var i=0; i < entries.length; i++) {
    // Process "mark" and "frame" events
  }
});
observer.observe({entryTypes: ["mark", "frame"]});
var records = observer.takeRecords();
console.log(records[0].name);
console.log(records[0].startTime);
console.log(records[0].duration);

仕様

仕様書 ステータス コメント
Performance Timeline Level 2
takeRecords() の定義
勧告候補 takeRecords() メソッドの初期定義

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
takeRecords
実験的
Chrome 完全対応 65Edge 完全対応 ≤79Firefox 完全対応 60IE 未対応 なしOpera 完全対応 ありSafari 未対応 なしWebView Android 完全対応 65Chrome Android 完全対応 65Firefox Android 完全対応 60Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 9.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。