PerformanceObserver()

PerformanceObserver() コンストラクターは、指定された observer callback を使用して新しい PerformanceObserver オブジェクトを作成します。observer callback は、observe() メソッドを介して、登録された エントリタイプ に対して パフォーマンスエントリイベント が記録されたときに呼び出されます。

構文

var observer = new PerformanceObserver(callback);

パラメータ

callback
監視対象のパフォーマンスイベントが記録されたときに呼び出される PerformanceObserverCallback コールバック。コールバックが呼び出されるとき、その最初のパラメータは パフォーマンスオブザーバエントリのリスト で、2番目のパラメータは observer オブジェクトです。

戻り値

監視対象のパフォーマンスイベントが発生したときに指定された callback を呼び出す新しい PerformanceObserver オブジェクト。

var observer = new PerformanceObserver(function(list, obj) {
  var entries = list.getEntries();
  for (var i=0; i < entries.length; i++) {
    // Process "mark" and "frame" events
  }
});
observer.observe({entryTypes: ["mark", "frame"]});

function perf_observer(list, observer) {
  // Process the "measure" event 
}
var observer2 = new PerformanceObserver(perf_observer);
observer2.observe({entryTypes: ["measure"]});

仕様

仕様書 ステータス コメント
Performance Timeline Level 2
PerformanceObserver() の定義
勧告候補 PerformanceObserver() コンストラクターの初期定義。

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
PerformanceObserver() constructorChrome 完全対応 52Edge 完全対応 ≤79Firefox 完全対応 57IE 未対応 なしOpera 完全対応 39Safari 完全対応 11WebView Android 完全対応 52Chrome Android 完全対応 52Firefox Android 完全対応 57Opera Android 完全対応 41Safari iOS 完全対応 11Samsung Internet Android 完全対応 6.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応