MediaStream.getVideoTracks()

getVideoTracks()MediaStream インタフェースのメソッドで、このストリームに含まれる動画トラックを表す MediaStreamTrack オブジェクトの配列を返します。

構文

var mediaStreamTracks[] = mediaStream.getVideoTracks();

引数

なし。

返値

MediaStreamTrack オブジェクトの配列で、それぞれがメディアストリームに含まれるそれぞれの動画トラックを表します。動画トラックは kind プロパティが video であるトラックです。ストリームに動画トラックが含まれていない場合、配列は空となります。

Note: トラックの順序は仕様で定義されておらず、 getVideoTracks() の呼び出しごとに同じ順序になるとは限りません。

この API の初期の版では、特別な VideoStreamTrack インターフェイスがあり、動画ストリームのリストに含まれる各項目の型として使用されていましたが、これはその後でメインの MediaStreamTrack インターフェイスに統合されました。

次の例は、 Chrome's Image Capture / Photo Resolution Sample (英語)から抜粋したものであり、 getVideoTracks() を用いて取得したトラックを ImageCapture() (en-US) コンストラクターへ渡しています。

var imageCapture;

navigator.mediaDevices.getUserMedia({video: true})
.then(mediaStream => {
  document.querySelector('video').srcObject = mediaStream;

  const track = mediaStream.getVideoTracks()[0];
  imageCapture = new ImageCapture(track);

  return imageCapture.getPhotoCapabilities();
})

仕様書

Specification
Media Capture and Streams
# dom-mediastream-getvideotracks

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser