MediaRecorder: error イベント

MediaRecorder インターフェイスの error イベントは、エラーが発生したときに発生します。 例えば、記録が許可されていない、またはサポートされていないコーデックを使用して試みられたなどです。

バブル いいえ
キャンセル可能 いいえ
インターフェイス MediaRecorderErrorEvent
イベントハンドラプロパティ onerror

考えられるすべてのエラーの詳細については、イベントハンドラプロパティ onerror のドキュメントを参照してください。

addEventListener を使って error イベントを監視します。

async function record() {
    const stream = await navigator.mediaDevices.getUserMedia({audio: true});
    const recorder = new MediaRecorder(stream);
    recorder.addEventListener('error', (event) => {
        console.error(`error recording stream: ${event.error.name}`)
    });
    recorder.start();
}

record();

上と同じですが、onerror イベントハンドラプロパティを使用します。

async function record() {
    const stream = await navigator.mediaDevices.getUserMedia({audio: true});
    const recorder = new MediaRecorder(stream);
    recorder.onerror = (event) => {
        console.error(`error recording stream: ${event.error.name}`)
    };
    recorder.start();
}

record();

仕様

仕様 状態
MediaStream Recording 草案

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報