MediaRecorder()

MediaRecorder() コンストラクターは、新しい MediaRecorder オブジェクトを作成します。これが指定された MediaStream を記録します。

オブジェクトは、オプションとして、特定のメディアコンテナー(ファイル形式)を使用して記録するように構成することができ、さらに、codecs 引数 (en-US) を指定して、使用するコーデックとコーデック構成を正確に指定することができます。

構文

new MediaRecorder(stream)
new MediaRecorder(stream, options)

引数

stream

記録される MediaStream。 このソースメディアは、navigator.mediaDevices.getUserMedia() を使用して作成したストリーム、または <audio><video><canvas> 要素から取得できます。

options 省略可

以下のプロパティを含むことができる辞書オブジェクト。

mimeType

生成されるメディアの形式を指定する MIME タイプです。コンテナー形式を指定することもできますし(ブラウザーは音声と映像のために好ましいコーデックを選択します)、 codecs引数profiles 引数を使って、どのコーデックを使い、どう設定するのかという詳細情報を提供することもできます。 アプリケーションは mimeTypeuser agent で対応しているかどうかを事前に調べることができます。そのためには MediaRecorder.isTypeSupported() を呼び出す必要があります。

audioBitsPerSecond

メディアの音声コンポーネントに選択したビットレート。

videoBitsPerSecond

メディアの映像コンポーネントに選択したビットレート。

bitsPerSecond

メディアの音声コンポーネントおよび映像コンポーネントに選択したビットレート。 上記の 2 つのプロパティの代わりにこれを指定することができます。 これを上記のプロパティのいずれかと一緒に指定している場合、これは指定していないものに使用されます。

メモ: 映像や音声にビット/秒の値を指定していない場合、映像が採用している既定値は 2.5Mbps ですが、音声の既定値はサンプルレートとチャネル数に応じて決まります。

メモ: 映像の解像度やフレームレートなどの設定は getUserMedia() を呼び出す際に制約として指定され、ここでの MediaRecorder API では指定されません。

例外

NotSupportedError DOMException

指定された MIME タイプにユーザーエージェントが対応していない場合に発生します。

この例では、音声のビットレートを 128 K ビット/秒に設定し、映像のビットレートを 2.5 M ビット/秒に設定して、指定したストリーム用のメディアレコーダーを作成する方法を示します。 記録したメディアデータは MP4 ラッパーに保存されます(従って、メディアデータのチャンクを集めてディスクに保存すると、それらは MP4 ファイルになります)。

if (navigator.mediaDevices.getUserMedia) {
  const constraints = { audio: true, video: true };
  const chunks = [];

  const onSuccess = (stream) => {
    const options = {
      audioBitsPerSecond : 128000,
      videoBitsPerSecond : 2500000,
      mimeType : 'video/mp4'
    }
    const mediaRecorder = new MediaRecorder(stream, options);
    m = mediaRecorder;

    // …
  }
}

仕様書

Specification
MediaStream Recording
# dom-mediarecorder-mediarecorder

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報