MediaRecorder.stop()

この記事は翻訳が完了していません。 この記事の翻訳にご協力ください

MediaRecorder.stop() メソッド(MediaStream Recording API の一部)は、メディアキャプチャを停止するために使用します。

stop() メソッドを呼び出すと、UA は次の手順を実行するタスクをキューに入れます。

  1. MediaRecorder.state"inactive" の場合は、DOM の InvalidState エラーを発生させてこれらの手順を終了します。 MediaRecorder.state"inactive" でない場合は、次の手順に進みます。
  2. MediaRecorder.state"inactive" に設定してメディアのキャプチャを停止します。
  3. 収集されたデータの Blob を含む dataavailable イベントを発生させます。
  4. stop イベントを発生させます。

構文

 MediaRecorder.stop()

エラー

MediaRecorder オブジェクトの MediaRecorder.state"inactive" のときに stop() メソッドが呼び出されると、InvalidState エラーが発生します — メディアキャプチャが既に停止している場合は停止しても意味がありません。

...

  stop.onclick = function() {
    mediaRecorder.stop();
    console.log("レコーダー停止、データ使用可能");
  }

...

仕様

仕様 状態 コメント
MediaStream Recording
MediaRecorder.stop() の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
stopChrome 完全対応 49Edge 完全対応 79Firefox 完全対応 25IE 未対応 なしOpera 完全対応 36Safari 未対応 なしWebView Android 完全対応 49Chrome Android 完全対応 49Firefox Android 完全対応 25Opera Android 完全対応 36Safari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 5.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報