MediaRecorder.stop()

MediaRecorder.stop() メソッド(MediaStream Recording API の一部)は、メディアキャプチャを停止するために使用します。

stop() メソッドを呼び出すと、UA は次の手順を実行するタスクをキューに入れます。

  1. MediaRecorder.state"inactive" の場合は、DOM の InvalidState エラーを発生させてこれらの手順を終了します。 MediaRecorder.state"inactive" でない場合は、次の手順に進みます。
  2. MediaRecorder.state"inactive" に設定してメディアのキャプチャを停止します。
  3. 収集されたデータの Blob を含む dataavailable イベントを発生させます。
  4. stop イベントを発生させます。

構文

 MediaRecorder.stop()

エラー

MediaRecorder オブジェクトの MediaRecorder.state"inactive" のときに stop() メソッドが呼び出されると、InvalidState エラーが発生します — メディアキャプチャが既に停止している場合は停止しても意味がありません。

...

  stop.onclick = function() {
    mediaRecorder.stop();
    console.log("レコーダー停止、データ使用可能");
  }

...

仕様

仕様 状態 コメント
MediaStream Recording
MediaRecorder.stop() の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報