ExtendableMessageEvent.origin

ExtendableMessageEvent インターフェイスの origin 読み取り専用プロパティは、メッセージを送信した Client のオリジンを返します。

構文

var myOrigin = extendableMessageEvent.origin;

USVString

次のコードをサービスワーカー内で使用して、PushMessageData を介して受信したデータをチャンネルメッセージを介してメインコンテキストに送信することにより、プッシュメッセージに応答する場合、onmessage のイベントオブジェクトは ExtendableMessageEvent になります。

var port;

self.addEventListener('push', function(e) {
  var obj = e.data.json();

  if(obj.action === 'subscribe' || obj.action === 'unsubscribe') {
    port.postMessage(obj);
  } else if(obj.action === 'init' || obj.action === 'chatMsg') {
    port.postMessage(obj);
  }
});

self.onmessage = function(e) {
  console.log(e.origin);
  port = e.ports[0];
}

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
ExtendableMessageEvent.origin の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報