Console.count()

console.count()count() を個々に呼び出した回数を記録します。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

構文

console.count([label]);

引数

label 省略可
Stringlabel を与えると、この関数は特定のラベルを伴って count() を呼び出した回数を記録します。label を省略すると、この関数はdefaultというラベルを伴って count() を呼び出したかのように振る舞います

Examples

例えば、以下のコードについて考えます:

let user = "";

function greet() {
  console.count();
  return "hi " + user;
}

user = "bob";
greet();
user = "alice";
greet();
greet();
console.count();

コンソールの出力は、以下のようになります:

"default: 1"
"default: 2"
"default: 3"
"default: 4"

特にラベルが指定されなかったので表示されているラベルは default となっています。

始めの count() で引数 label に変数 user を、また 2 番目の count() で文字列 "alice" を与えました:

let user = "";

function greet() {
  console.count(user);
  return "hi " + user;
}

user = "bob";
greet();
user = "alice";
greet();
greet();
console.count("alice");

すると、以下のように出力されます:

"bob: 1"
"alice: 1"
"alice: 2"
"alice: 3"

label の値のみに基づいて、個々の呼び出し回数を管理しています。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Console API
console.count() の定義
現行の標準 最初期の定義

ブラウザ実装状況

No compatibility data found for api.Console.count.
Check for problems with this page or contribute missing data to mdn/browser-compat-data.