CSSStyleDeclaration.cssFloat

cssFloat は CSSStyleDeclaration インターフェイスのプロパティで、 CSSStyleDeclaration.getPropertyValue()float を引数として呼び出したときの結果を返します。

設定したときは、 CSSStyleDeclaration.setProperty()float を第一引数、指定された値を第二引数として呼び出します。指定された値は float プロパティで有効な値でなければなりません。

構文

var float = CSSStyleDeclaration.cssFloat();
CSSStyleDeclaration.cssFloat = "right"

CSSOMString です。

以下の例では、スタイルシートには、 1 つだけのルール .boxfloat プロパティの値が left と設定されています。この値は cssFloat から返されます。次に、 cssFloat を使用して値を "right" に設定し、新しい値を返します。

.box {
  float: left;
  inline-size: 300px;
}
let myRules = document.styleSheets[0].cssRules;
let rule = myRules[0];
console.log(rule.style.cssFloat); // "left"
rule.style.cssFloat = "right";
console.log(rule.style.cssFloat); //right

仕様書

Specification
CSS Object Model (CSSOM) (CSSOM)
# dom-cssstyledeclaration-cssfloat

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser