AudioContext.createDelay()

AudioContextインターフェースのcreateDelay()メソッドは、入力音声信号を一定時間遅らせるDelayNodeを生成します。

構文

var audioCtx = new AudioContext();
var synthDelay = audioCtx.createDelay(maxDelayTime);

引数

maxDelayTime
音声信号の最大遅れ時間の秒数。デフォルトは0

戻り値

DelayNode

ループする3つの異なる簡単な例を用意しました。create-delayを見てください。(ソースコードも閲覧できます。)ただPlayボタンを押すと、ループはすぐ始まります。スライダーを右に動かしPlayボタンを押すと、待ち時間が挿入され、少し時間が過ぎるまで再生が始まりません。

var AudioContext = window.AudioContext || window.webkitAudioContext;
var audioCtx = new AudioContext();

var synthDelay = audioCtx.createDelay(5.0);

  ...

var synthSource;

playSynth.onclick = function() {
  synthSource = audioCtx.createBufferSource();
  synthSource.buffer = buffers[2];
  synthSource.loop = true;
  synthSource.start();
  synthSource.connect(synthDelay);
  synthDelay.connect(destination);
  this.setAttribute('disabled', 'disabled');
}

stopSynth.onclick = function() {
  synthSource.disconnect(synthDelay);
  synthDelay.disconnect(destination);
  synthSource.stop();
  playSynth.removeAttribute('disabled');
}

...

var delay1;
rangeSynth.oninput = function() {
delay1 = rangeSynth.value;
synthDelay.delayTime.value = delay1;
}

仕様

Specification Status Comment
Web Audio API
createDelay() の定義
草案  

ブラウザ互換性

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support 10.0webkit 25.0 (25.0)  未サポート 15.0webkit
22 (unprefixed)
6.0webkit
Feature Android Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
Basic support ? 26.0 1.2 ? ? ? 33.0

参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: maruhiro
最終更新者: maruhiro,