この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

delete 操作に対するトラップです。

構文

var p = new Proxy(target, {
  deleteProperty: function(target, property) {
  }
});

引数

次の引数がdeleteProperty メソッドに渡されます。thisはハンドラにバインドされます。

target
ターゲットオブジェクト
property
削除するプロパティの名前

戻り値

deleteProperty メソッドはプロパティが正しく削除されたかどうか示すboolean値を返さなければなりません。

説明

handler.deleteProperty() メソッドはdelete操作に対するトラップです。

インターセプト

このトラップは下記の操作をインターセプトできます。:

不変条件

次の不変条件に違反している場合、プロキシはTypeErrorをスローします。:

  • ターゲットオブジェクトの非設定独自プロパティとして存在する場合、プロパティは削除されません。

次のコードはdelete 操作をトラップします。

var p = new Proxy({}, {
  deleteProperty: function(target, prop) {
    console.log("called: " + prop);
    return true;
  }
});

delete p.a; // "called: a"

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
[[Delete]] の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? 18 (18) ? ? ?
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? 18.0 (18) ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: SphinxKnight, shide55
最終更新者: SphinxKnight,