この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

delete 操作に対するトラップです。

構文

var p = new Proxy(target, {
  deleteProperty: function(target, property) {
  }
});

引数

次の引数がdeleteProperty メソッドに渡されます。thisはハンドラにバインドされます。

target
ターゲットオブジェクト
property
削除するプロパティの名前

戻り値

deleteProperty メソッドはプロパティが正しく削除されたかどうか示すboolean値を返さなければなりません。

説明

handler.deleteProperty() メソッドはdelete操作に対するトラップです。

インターセプト

このトラップは下記の操作をインターセプトできます。:

不変条件

次の不変条件に違反している場合、プロキシはTypeErrorをスローします。:

  • ターゲットオブジェクトの非設定独自プロパティとして存在する場合、プロパティは削除されません。

次のコードはdelete 操作をトラップします。

var p = new Proxy({}, {
  deleteProperty: function(target, prop) {
    console.log("called: " + prop);
    return true;
  }
});

delete p.a; // "called: a"

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
[[Delete]] の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!
機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? 18 (18) ? ? ?
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? 18.0 (18) ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: SphinxKnight, shide55
最終更新者: SphinxKnight,