IDBKeyRange.lowerBound()

IDBKeyRange インターフェイスの lowerBound() メソッドは、下限のみを持つ新しいキーの範囲を生成します。デフォルトでは、端点の値を含む「閉」です。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

構文

js
lowerBound(lower)
lowerBound(lower, open)

引数

lower

新しいキーの範囲の下限を指定します。

open 省略可

下限が端点の値を除くかどうかを表します。デフォルトは false です。

返値

新しく生成されたキーの範囲を表す IDBKeyRange です。

例外

DataError DOMException

引数 lower に割り当てられたキーが有効なキーでないとき投げられます。

以下の例では、下限が指定されたキーの範囲の使用法を示します。keyRangeValue = IDBKeyRange.lowerBound("F", false); と宣言します。これは、値 "F" とそれより後の全てを含む範囲です。(IDBTransaction により) トランザクションを開き、オブジェクトストアを開き、省略可能なキーの範囲の値を keyRangeValue として IDBObjectStore.openCursor でカーソルを開きます。これにより、このカーソルはキーの値が "F" のレコードと、それより後の全てのレコードのみを取得します。IDBKeyRange.lowerBound("F", true); を用いた場合、範囲に "F" は含まれず、それより後の値のみを含みます。

メモ: キーの範囲に関する実験ができるより完全な例は、IDBKeyRange-example リポジトリを参照してください。(動く例も見る)

js
function displayData() {
  const keyRangeValue = IDBKeyRange.lowerBound("F");

  const transaction = db.transaction(["fThings"], "readonly");
  const objectStore = transaction.objectStore("fThings");

  objectStore.openCursor(keyRangeValue).onsuccess = (event) => {
    const cursor = event.target.result;
    if (cursor) {
      const listItem = document.createElement("li");
      listItem.textContent = `${cursor.value.fThing}, ${cursor.value.fRating}`;
      list.appendChild(listItem);

      cursor.continue();
    } else {
      console.log("全エントリーを表示しました。");
    }
  };
}

仕様書

Specification
Indexed Database API 3.0
# ref-for-dom-idbkeyrange-lowerbound①

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報