AudioBufferSourceNode()

AudioBufferSourceNode() コンストラクターは、新しい AudioBufferSourceNode オブジェクトインスタンスを生成します。

構文

new AudioBufferSourceNode(context, options)

引数

context

AudioContext への参照。

options 省略可

以下のオプションです。

buffer

再生される AudioBuffer のインスタンス。

detune

音声ストリームのレンダリング速度を調整するためのセント単位の値。公称範囲は(-∞ から +∞)です。既定では 0 です。

loop

論理値で、音声をループ再生させるかどうかを示します。 既定値は false です。ループが再生中に動的に変更された場合、新しい値は音声の次の処理ブロックに反映されます。

loopEnd

オプションで、 loop 属性が true である場合にループを終了させる値を秒単位で指定します。既定では 0 です。この値は、ループの中身とは関係ありません。ループを構成するサンプルフレームは、 loopStart から loopEnd-(1/sampleRate) までの値で実行されます。この値は 0 からバッファーの持続時間の間に設定するのが賢明です。もし loopEnd が 0 よりも小さければ、ループは 0 で終わり、もし loopEnd がバッファーの持続時間よりも大きければ、ループはバッファーの終端で終了します。この属性は、バッファのサンプルレートを掛け、最も近い整数値に丸めることで、バッファー内の正確なサンプルフレームオフセットに変換されます。そのため、この属性の動作は playbackRate 引数の値には依存しません。

loopStart

オプションで、 loop 属性が true の場合にループを始める値を秒単位で指定します。既定では 0 です。0 とバッファーの持続時間の間の値に設定するのが賢明です。もし loopStart が 0 よりも小さい場合、ループは 0 から始まります。もし loopStart がバッファーの持続時間よりも大きい場合、ループはバッファーの終わりから始まります。この属性は、バッファーのサンプルレートを掛け、最も近い整数値に丸めることで、バッファー内の正確なサンプルフレームオフセットに変換されます。そのため、この属性の動作は playbackRate 引数の値には依存しません。

playbackRate

音声ストリームをレンダリングする速度を指定します。既定値では 1 です。この引数は k-rate です。離調との複合引数です。公称範囲は(-∞ から +∞)です。

channelCount

ノードへの任意の入力への接続をアップミキシングおよびダウンミキシングする際に使用されるチャンネル数を決定するために使用される整数を表します。(詳細は AudioNode.channelCount (en-US) を参照。)使用方法と正確な定義は、 channelCountMode の値に依存します。

channelCountMode

ノードの入出力間でチャンネルを一致させる方法を記述した列挙型の値を表します。(既定値を含む詳細情報は AudioNode.channelCountMode (en-US) を参照してください。)

channelInterpretation

チャンネルの意味を表現する列挙値を記述します。この解釈により、音声のアップミキシングおよびダウンミキシングがどのように行われるかが定義されます。使用可能な値は "speakers" または "discrete" です。(既定値で記載される詳細な情報は AudioNode.channelCountMode (en-US) を参照してください。)

返値

新しい AudioBufferSourceNode オブジェクトインスタンスです。

仕様書

Specification
Web Audio API
# dom-audiobuffersourcenode-constructor-audiobuffersourcenode

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser