mozilla

document.async リダイレクト 1

概要

document.async は、 document.load の呼び出しを同期で行うか、または非同期で行うかの指示を真偽値で設定します。 true が初期値であり、これはドキュメントを非同期的にロードするよう要求するものです。

※ 1.4 alpha より同期呼び出しが可能となりました。それ以前は非同期呼び出しのみでした。

function loadXMLData(e) {
  alert( new XMLSerializer().serializeToString(e.target) );
  // querydata.xml の内容を文字列として取得している
}

var xmlDoc = document.implementation.createDocument("", "test", null);

xmlDoc.async = false;
xmlDoc.onload = loadXMLData;
xmlDoc.load('querydata.xml');

仕様書

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: ethertank
最終更新者: ethertank,