MDN のための GitHub のベストプラクティス

このページでは、 MDN に協力するために GitHub を使用する際のベストプラクティスを、主に課題 (issues) の扱い方を中心にご紹介します。

作業する GitHub の課題を選ぶとき

  1. 担当したいという旨のコメントをその課題の中に書いていただければ、その課題を割り当てます。
    • 誰か他の人が課題に割り当てられていた場合は、次のようにしてください。
      1. 1 週間以上前からあまり動きがない場合は、 @ メンションして、引き継ぐことができるかどうか、あるいは完了するまで手伝うかどうかを聞いてみてください。
        • 引き継ぐことにその人が同意した場合は、あなたをその問題に割り当て、その人を削除します。
        • 引き継ぐことにその人が同意し、すでに何らかの作業が行われている場合や、その人が作業を手伝うことに合意した場合は、あなたも共同担当にします。
      2. もし 1 週間経っていないのであれば、少し我慢して、その人に作業のチャンスをあげてください。
  2. もし、課題が完了したがレビューが必要とマークされていて、あなたがレビューしたい場合は、コメントでその人に @ メンションして、レビューしたいと伝えてください。

課題を割り当てられたとき

  1. 行う必要がある残りの作業を検討してください。
    • 問題がよく説明されていて、作業がかなり明確であれば、それを実行してください。
    • 問題が十分に説明されていない場合や、何が必要なのか分からない場合は、遠慮なく投稿者に @ メンションして、より多くの情報を求めてください。
    • もし誰に聞けばいいのかわからない場合は、 MatrixMDN Web Docs チャットルームで助けを求めてください。
  2. 問題が解決したと思ったら、コメントでレビューを依頼しましょう。
  3. 課題のレビューが完了し、コメントが回答されれば、その課題を閉じる (closed にする) ことができます。
  4. もし、課題に取り組む時間がなくなった場合は、コメントで知らせていただければ、他の人に割り当てます。