コードサンプルを「ライブ」に変換するには

MDN には「ライブサンプル」システムがあり、ここではコードサンプルが、そのサンプルの出力を直接表示するのに使われます。しかし、既存の記事にはこのシステムをまだ使っていないコードサンプルが多々あり、変換する必要があります。

ライブサンプルは、サンプルの出力がどのようなものかを見ることができ、ドキュメントをよりダイナミックで教育的なものにできます。このガイドは既存サンプルを取り上げて、「ライブ」動作を追加する方法を掲載します。

行う必要のあるページ

静的なコード例(単なる HTML、CSS、JavaScript のブロック)を掲載している記事で、実際に動いているところを見せた方が良いと思われるものです。

タスクを行うのに必要な知識

  • コードサンプルに応じて、 HTML, CSS, JavaScript を理解していること
  • MDN 記事内の KumaScript マクロを使う能力

タスクを実行するステップ

  1. 「ライブ」に変換すべきだと思うコード例を見つけてください。
  2. コードサンプルが「ライブ」となるよう変換してください。
  3. 以前にサンプル出力を表示するために使われていた、コードや画像を削除してください。

ライブサンプルの作成と編集についての詳細情報は、 ライブサンプルシステムの使用を参照してください。