BigInt.asIntN()

BigInt.asIntN 静的メソッドは、 BigInt 値を -2width-1 から 2width-1-1 までの間の符号付き整数に丸めるために使われます。

構文

BigInt.asIntN(width, bigint);

引数

width
整数の大きさのために利用できるビットの数。
bigint
指定されたビットに収めるよう丸める整数値。

返値

bigint を 2width で割った剰余の値の符号付き整数です。

64ビットの範囲に収める

BigInt.asIntN() メソッドは、64ビットの数値の範囲に収めるのに便利です。

const max = 2n ** (64n - 1n) - 1n;

BigInt.asIntN(64, max);
// ↪ 9223372036854775807n

BigInt.asIntN(64, max + 1n);
// ↪ -9223372036854775807n
// オーバーフローするので負数になる

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
BigInt.asIntN() の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報