CustomElementRegistry.define()

define()CustomElementRegistry インターフェイスのメソッドで、新しいカスタム要素を定義します。

作成することができるのは、次の 2 種類のカスタム要素です。

  • 自律カスタム要素 (Autonomous custom element): 独立した要素です。組み込みの HTML 要素を継承していません。
  • カスタム組み込み要素 (Customized built-in element): 組み込みの HTML 要素を継承し、拡張した要素です。

構文

customElements.define(name, constructor, options);

引数

  • name
    • : 新しいカスタム要素の名前です。カスタム要素の名前は、少なくとも 1 つのハイフンを含まなければならないことに注意してください。
  • constructor
    • : 新しいカスタム要素のコンストラクターです。
  • options 省略可
    • : 要素の定義の仕方を制御するオブジェクト。現在は、次の 1 つのオプションのみに対応しています。
  • extends: 拡張する組み込み要素の名前を示す文字列。カスタム組み込み要素を作成するのに使われる。

返値

なし。

例外

NotSupportedError DOMException

CustomElementRegistry に既に同じ名前の項目または同じコンストラクターが含まれている(または既に定義されている)、または extends有効なカスタム要素名が指定されていた場合、または extends で未知の要素を拡張しようとした場合に発生します。

SyntaxError DOMException

指定された名前が有効なカスタム要素名ではなかった場合に発生します。

TypeError DOMException

参照されたコンストラクターがコンストラクターではなかった場合に発生します。

Note: NotSupportedError 例外が多く発生する場合、 define() が失敗しているように思えるかもしれませんが、多くの場合は Element.attachShadow() に問題があります。

自律カスタム要素

以下のコードは popup-info-box-web-component の例から取ったものです (ライブでもご覧ください)。

// 要素のクラスを作成
class PopUpInfo extends HTMLElement {
  constructor() {
    // コンストラクターでは常に super を最初に呼び出す
    super();

    // シャドウルートを生成
    var shadow = this.attachShadow({mode: 'open'});

    // span を生成
    var wrapper = document.createElement('span');
    wrapper.setAttribute('class','wrapper');
    var icon = document.createElement('span');
    icon.setAttribute('class','icon');
    icon.setAttribute('tabindex', 0);
    var info = document.createElement('span');
    info.setAttribute('class','info');

    // 属性の中身を取り出し、 info の span の中に入れる
    var text = this.getAttribute('text');
    info.textContent = text;

    // アイコンを挿入
    var imgUrl;
    if(this.hasAttribute('img')) {
      imgUrl = this.getAttribute('img');
    } else {
      imgUrl = 'img/default.png';
    }
    var img = document.createElement('img');
    img.src = imgUrl;
    icon.appendChild(img);

    // いくらかの CSS を生成してシャドウ DOM に適用
    var style = document.createElement('style');

    style.textContent = '.wrapper {' +
                           'position: relative;' +
                        '}' +

                         '.info {' +
                            'font-size: 0.8rem;' +
                            'width: 200px;' +
                            'display: inline-block;' +
                            'border: 1px solid black;' +
                            'padding: 10px;' +
                            'background: white;' +
                            'border-radius: 10px;' +
                            'opacity: 0;' +
                            'transition: 0.6s all;' +
                            'position: absolute;' +
                            'bottom: 20px;' +
                            'left: 10px;' +
                            'z-index: 3;' +
                          '}' +

                          'img {' +
                            'width: 1.2rem' +
                          '}' +

                          '.icon:hover + .info, .icon:focus + .info {' +
                            'opacity: 1;' +
                          '}';

    // 生成された要素をシャドウ DOM に取り付ける

    shadow.appendChild(style);
    shadow.appendChild(wrapper);
    wrapper.appendChild(icon);
    wrapper.appendChild(info);
  }
}

// 新しい要素を定義
customElements.define('popup-info', PopUpInfo);
<popup-info img="img/alt.png" text="Your card validation code (CVC) is an extra
                                    security feature — it is the last 3 or 4
                                    numbers on the back of your card.">

Note: 自律カスタム要素のコンストラクターは HTMLElement を継承していなければなりません。

カスタム組み込み要素

以下のコードは word-count-web-component の例から取ったものです (ライブでもご覧ください)。

// 要素のクラスを作成
class WordCount extends HTMLParagraphElement {
  constructor() {
    // コンストラクターでは常に super を最初に呼び出す
    super();

    // 要素の親要素の語数を数える
    var wcParent = this.parentNode;

    function countWords(node){
      var text = node.innerText || node.textContent
      return text.split(/\s+/g).length;
    }

    var count = '語数: ' + countWords(wcParent);

    // シャドウルートを生成
    var shadow = this.attachShadow({mode: 'open'});

    // テキストノードを生成し、語数を追加
    var text = document.createElement('span');
    text.textContent = count;

    // シャドウルートに追加
    shadow.appendChild(text);

    // 要素の内容が変化した際に語数を更新
    setInterval(function() {
      var count = '語数: ' + countWords(wcParent);
      text.textContent = count;
    }, 200)

  }
}

// 新しい要素を定義
customElements.define('word-count', WordCount, { extends: 'p' });
<p is="word-count"></p>

シャドウルートを取り付けられないようにする要素の作成

要素に使用されているクラスが、文字列 `shadow` を返す静的プロパティ disabledFeatures を含んでいる場合、 Element.attachShadow()DOMExceptionNotSupportedError を返すようになります。

class PopUpInfo extends HTMLElement {
  static get disabledFeatures() { return ['shadow']; }

  constructor() {
    super();

    var shadow = this.attachShadow({mode: 'open'});
    // これは要素が定義されたときにエラーが発生するようになります。
  }
}

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-customelementregistry-define-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser