HyperText Markup Language (HTML) はほぼすべての Web コンテンツで利用されている主要言語です。お使いのブラウザーの画面に表示されているほとんどの物は、HTML を使用して、反映されています。正確に言うと、HTML は構造およびウェブドキュメントの内容を記述する言語です。

下記の記事の役立つガイドでは、HTML を使用し、最大限の可能性を提供します。

トピック

canvas チュートリアル
このチュートリアルでは、2D グラフィックスを描画するために <canvas> 要素を使用する方法を、基礎から説明します。提供する例は、<canvas> で出来ることの、いくつかの明確なアイデアと、それをあなた自身のコンテンツで作成開始できるようなコードスニペットを提供します。
Event 属性
すべての HTML 要素は、特定のイベントが発生したときの JavaScript の実行が許可された属性の集合から成り立ちます。これらは Event 属性と呼ばれ、その属性名には "on" の接頭辞が付きます。
Historical artifacts to avoid
多くの人々はページのソースを見てコピー & ペーストすることで、元のサイトが上手に作成されているかを考えることなく HTML、CSS、JavaScript を学習しました。これは、過去には必要であったかもしれないが現在は無意味になっているコーディングの慣習を習得してしまうことを意味します。このページでは、時間がたつにつれて不要あるいは悪い慣習になった事柄を説明します。
HTML5
HTML5 は HTML で定義されている最新の標準仕様の名称です。この用語は、 2 つの異なる概念を表しています。これは HTML 言語の新しいバージョンであり、新しい要素、属性、動作、およびより多彩でパワフルなウェブサイトやアプリケーションを構築することができるより大きな一連の技術でもあります。このセットは HTML5 & friends と呼ばれることがあり、よく HTML5 と短縮されます。
HTML5 ドキュメントのセクションとアウトライン
HTML5 の仕様はウェブ文書の構造を標準的なセマンティクスで記述できるようにするいくつかの新しい要素をウェブ開発者にもたらします。この文書では、これらの要素についてと、それらを用いて、どんな文書でも望んだアウトラインを定義するための方法について述べます。
コンテンツカテゴリー
それぞれの HTML 要素は、1つまたは複数のコンテンツカテゴリーの一員として、同じ特徴を持つ要素ごとに分類されています。
コンテンツを編集可能にする
HTML では、すべての要素を編集可能状態 (editable) にすることができます。JavaScript のいくつかのイベントハンドラーと併用することで、ウェブページを多機能でかつ高速に動作するリッチテキスト・エディターにしてしまうことも可能です。本記事では、この機能に関する情報を提供します。

他の場所のページ

 

ここでは、ここからリンクされるべきであるHTMLに関連する他のページがあります。

参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, DonburiDon, stephaniehobson, Sheppy
最終更新者: Uemmra3,