MDN Web Docs について

MDN Web Docs (以前は MDN — Mozilla Developer Network と呼ばれていました) は、ウェブ技術とウェブを支えるソフトウェア、 CSSHTMLJavaScript などについて学ぶための進化し続ける学習プラットフォームです。私たちはまた、詳細におよぶ初心者向けの学習素材を所有しています。ウェブ開発を学ぶをご覧ください。

我々のミッション

MDN のミッションは単純です。開発者がオープンなウェブ上でプロジェクトを簡単に構築できるようにする情報を提供することです。ウェブ上で公開されているオープンな技術であれば、どんなものでも私たちは文書化したいと考えています。

もしあるトピックを MDN に含めるべきか、自信を持って判断できないときは、これは MDN に含まれますか? のページを読んでみてください。

協力する方法

私たちはグローバルなコミュニティです。世界中にコンテンツを作成したり、バグを修正したり、コンテンツの変更をレビューしたり、サンプルコードを追加したりして手伝ってくださる、すばらしい協力者の皆さんがいます。

しかし、 MDN を手助けするのにプロのコーダーやライターである必要はありません。 MDN への貢献ページにアクセスしてみて、あなたの専門性や時間的な余裕に応じて手伝っていただけることを見つけてください。

MDN Web Docs のコンテンツの利用

MDN のコンテンツは無償で、オープンソースライセンスの下に利用できます。

著作権とライセンス

MDN のコンテンツはオープンソースライセンスの下で完全に利用できます。この節はどんな種類のコンテンツがあり、それぞれがどんなライセンスが有効かを網羅します。

文書と記事

MDN のコンテンツは、 Mozilla の内外の執筆者の協力により作成されています。特に明記されていない限り、コンテンツは Creative Commons: Attribution-ShareAlike license (CC-BY-SA), v2.5 もしくはそれ以上のバージョンの条件の下で利用可能です。

MDN コンテンツを再利用するときは、2 つのことを確認する必要があります。

  1. 元のコンテンツに帰属します

    "Mozilla Contributors" を属性とし、ソースとなるコンテンツの特定の Wiki ページへのハイパーリンク (オンラインの場合) または URL (印刷物の場合) を含めてください。たとえば、この記事の帰属を示すには、次のように書くことができます。

    About MDN by Mozilla Contributors is licensed under CC-BY-SA 2.5.

    この例では、"Mozilla Contributors" が引用ページの履歴にリンクしていることに注意してください。詳しい説明は帰属のベストプラクティスを参照してください。

  2. 再利用した場合は、元のコンテンツと同じライセンスで公開する必要があります。つまり CC-BY-SA v2.5 またはそれ以降のバージョンです。

コードサンプルとスニペット

2010 年 8 月 20 日以降に追加されたコードサンプルは、パブリックドメイン (CC0) にあります。ライセンス表記は必要ありませんが、必要な場合は、 "すべての著作権はパブリックドメインに帰属します。http://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/" を使用できます。

2010 年 8 月 20 日より前に追加されたコードサンプルは MIT ライセンスの下で利用可能です。次の帰属情報を MIT テンプレートに挿入する必要があります。"©<Wiki ページの最終改訂日> <Wiki に掲載した人の名前>"

2020 年 12 月 14 日に MDN では新しい Yari プラットフォームが開始されたため、現在、どちらが必要かを判断する方法がありません。これについては、現在対応中であり、近日中にこのコンテンツを更新する予定です。

貢献

この wiki に協力したい場合は、Attribution-ShareAlike ライセンス (または編集中のページで既に指定されている代替ライセンス) でドキュメントを公開し、Creative Commons CC-0 (パブリックドメインの献身) でコードサンプルを公開する必要があります。この wiki に追加することは、あなたの協力がそれらのライセンスの下で利用可能になることにあなたが同意することを意味します。

一部の古いコンテンツは、前述以外のライセンスで利用可能になりました。これらは代替ライセンスブロックによって各ページの下部に示されています。

新しいページをその他のライセンスで作成してはいけません。

ユーザーから提供された資料の著作権については、著作者がそれを第三者に譲渡しない限り、著作者に帰属するものとします。

ここに記載されている内容について、質問や懸念事項があれば、MDN 管理者 までご連絡ください。

ロゴ、商標、サービスマーク、ワードマーク


Mozilla Foundation の商標、ロゴ、サービスマークの権利、およびこのウェブサイトの操作画面やルックアンドフィールは、Creative Commons ライセンスに基づいて提供されるものではなく、それらが (ロゴやグラフィックデザインといった) 著作物である限り、上記の条件に基づいて許諾される著作物には含まれません。あなたが文書のテキストを利用する場合、上述の権利を行使しようとする場合、またはこのサイトにおける私たちのライセンス条件について、その他の質問がある場合は、 Mozilla Foundation の窓口 licensing@mozilla.org までご連絡ください。

MDN にリンクするには

MDN へリンクを張る際の手続きや、リンクが許されるかどうかについて、ユーザーからよく質問を受けます。簡単に言うと、はい、 MDN にリンクできます。ハイパーテキストリンクは、ウェブの本質であるだけでなく、ユーザーに貴重なリソースを紹介する方法であり、私たちのコミュニティの活動に対する信頼を示すものでもあります。

MDN Web Docs の問題を報告する

MDN の問題を報告する を読んでください。

MDN Web Docs の歴史

MDN Web Docs (かつては Mozilla Developer Network (MDN)、その前は Mozilla Developer Center (MDC) として知られ、また Devmo としても知られていた) プロジェクトは、 2005 年初頭、 Mozilla Foundation が AOL からオリジナルの Netscape DevEdge のコンテンツの使用ライセンスを取得した時点から始まりました。 DevEdge のコンテンツの中からまだ使える素材が探し出され、更新と維持がしやすくなるよう、ボランティアによって wiki に移されました。

2017 年 7 月に名前が MDN Web Docs に変更されました。この決定の背景となる理念については The Future of MDN: A Focus on Web Docs をご覧ください。

MDN の歴史については、 10 周年記念ページに、関係者による口述の歴史が掲載されています。また、ブログ記事 MDN Web Docs: 15 years young では、 15 周年記念のレポートが掲載されています。

2020 年 12 月 14 日には、新しいプラットフォーム Yari に移行し、すべてのコンテンツを GitHub のリポジトリーに保存するという、さらなる進化を遂げました。詳しくは Welcome Yari: MDN Web Docs has a new platform をお読みください。