HTML 下付き文字要素 (<sub>) は、表記上の理由で下付き文字として表示するべき行内文字列を指定します。下付き文字は普通、小さめのテキストを使用してベースラインよりも低く表示されます。

コンテンツカテゴリ フローコンテンツ, 記述コンテンツ
許可されている内容 記述コンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親要素 記述コンテンツを受け入れるすべての要素
許可されている ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLElement

属性

この要素にはグローバル属性のみがあります。

使用上のメモ

<sub> 要素は、単純に表現や表示の結果を得るためではなく、表記規則上の理由、つまり、表記上の習慣や標準でテキストの位置を変更する必要がある場合にのみ使用してください。

例えば、変更したベースラインをワードマークの中で使用している企業名にスタイル付けするために <sub> を使用することは適切ではありません。このような場合には CSS を使用してください (例えば vertical-align プロパティを、 vertical-align: sub または、もっと詳細にベースラインの位置を制御するために、 vertical-align: -25% など)。

<sub> の適切な利用場面には次のようなものがあります (これに限定されるものでありません)。

  • 脚注番号のマークアップ。例については Footnote numbers を参照してください。
  • 数学における下付き文字の変数値のマークアップ(ただし、 MathML の数式を使うことも検討してください)。 Variable subscripts を参照してください。
  • 化学式における原子数の記述(例えば、すべての開発者のお友達、 C8H10N4O2 別名「カフェイン」)。 Chemical formulas を参照してください。

脚注番号

伝統的な脚注は下付き文字で表示される番号を使って記述されます。これは <sub> のよくある使い方です。

<p>According to the computations by Nakamura, Johnson, and
Mason<sub>1</sub> this will result in the complete annihilation
of both particles.</p>

結果は次のようになります。

変数の下付き文字

数学では、同じ概念に関連する一連の変数 (例えば同じ軸の距離) を、同じ変数名と下付き文字を使用して表現します。例えば以下のようになります。

<p>The horizontal coordinates' positions along the X-axis are
represented as <var>x<sub>1</sub></var> ... <var>x<sub>n</sub></var>.</p>

出力は次の通りです。

化学式

化学式を書くときは、 H20 のように、分子の記述の中で原子の数を下付き数字で記述します。水の場合、下付きの "2" が水分子の中に2つの水素原子があることを表します。

他の例です。

<p>ほぼすべての開発者が大好きな分子は
C<sub>8</sub>H<sub>10</sub>N<sub>4</sub>O<sub>2</sub>、
「カフェイン」としてよく知られています。</p>

出力は次の通りです。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<sub> and <sup> の定義
現行の標準  
HTML5
<sub> and <sup>; の定義
勧告  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

  • 上付き文字を表現する HTML の <sup> 要素。sub 要素と同時に使用することはできません。化学式で上付き文字と下付き文字の両方が必要な場合には、MathML を用いる必要があります。
  • MathML 要素: <msub>, <msup>, <msubsup>
  • CSS の vertical-align プロパティ

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yuheiy, yyss, ethertank
最終更新者: mfuji09,