<xsl:value-of> 要素は XPath 式を評価し、それを文字列に変換し、その文字列を result tree に書きます。

構文

<xsl:value-of select=EXPRESSION disable-output-escaping="yes" | "no"  />

必須属性

select
評価され、出力ツリーに書き込まれる XPath 式を指定します。

オプション属性

disable-output-escaping (Netscape は変換の結果 - 下の「出力」 - を直列化しませんので、この属性は本質的に文脈上は無関係です。htmlエンティティを出力するには、代わりに数値を使用します (例: &nbsp&#160) )
出力に書き込まれたときに特殊文字をエスケープするかどうかを指定します。使用可能な値は "yes" または "no" です。たとえば "yes" が設定されている場合、文字>は > ではなく"&gt" として出力されます。

タイプ

インストラクションはテンプレートとともに表示されます。

定義

XSLT, section 7.6.1.

Gecko のサポート

上記以外はサポートされています。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: silverskyvicto, Mgjbot, Okome
最終更新者: silverskyvicto,