element-available 関数は、要素が利用可能かどうかを判断し、true または false を返します。

構文

element-available(QName )

引数

QName
有効な QName を評価する必要があります。QName は式のスコープ内の名前空間宣言を使用して展開された名前に展開されます。

戻り値

展開された名前が命令の名前である場合にのみ true を返します。展開された名前が XSLT 名前空間 URI と等しい名前空間 URI を持つ場合、XSLT  で定義された要素を参照します。それ以外の場合は拡張要素を参照します。展開された名前が null の名前空間 URI を持つ場合、要素利用可能な関数は false を返します。

定義

XSLT 1.0 15

Gecko のサポート

サポート済み

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: ExE-Boss, silverskyvicto
最終更新者: ExE-Boss,