Object.entries() メソッドは、引数に与えたオブジェクトが所有する、列挙可能なプロパティの組 [key, value] からなる配列を返します。配列要素の順序は for...in ループによる順序と同じです(両者の違いとして、for-in ループではその上プロトタイプチェーン内のプロパティも列挙されます)。

構文

Object.entries(obj)

引数

obj
返されることになる列挙可能な所有プロパティの組 [key, value] を持つオブジェクト。

戻り値

引数に与えたオブジェクトが所有する、列挙可能なプロパティの組 [key, value] の配列。

説明

Object.entries() は、object に直接存在する列挙可能プロパティの組 [key, value] が配列要素に対応した配列を返します。プロパティの順序はオブジェクト内のプロパティに対してループさせた時の順序と同じになります。

使用例

const obj = { foo: 'bar', baz: 42 };
console.log(Object.entries(obj)); // [ ['foo', 'bar'], ['baz', 42] ]

// 配列様オブジェクト
const obj = { 0: 'a', 1: 'b', 2: 'c' };
console.log(Object.entries(obj)); // [ ['0', 'a'], ['1', 'b'], ['2', 'c'] ]

// ランダムなキー順序を持つ配列様オブジェクト
const anObj = { 100: 'a', 2: 'b', 7: 'c' };
console.log(Object.entries(anObj)); // [ ['2', 'b'], ['7', 'c'], ['100', 'a'] ]

// 列挙可能でないプロパティ getFoo がある
const myObj = Object.create({}, { getFoo: { value() { return this.foo; } } });
myObj.foo = 'bar';
console.log(Object.entries(myObj)); // [ ['foo', 'bar'] ]

// オブジェクトでない引数はオブジェクトへと型強制されます
console.log(Object.entries('foo')); // [ ['0', 'f'], ['1', 'o'], ['2', 'o'] ]

// returns an empty array for any primitive type, since primitives have no own properties
console.log(Object.entries(100)); // [ ]

// iterate through key-value gracefully
const obj = { a: 5, b: 7, c: 9 };
for (const [key, value] of Object.entries(obj)) {
  console.log(`${key} ${value}`); // "a 5", "b 7", "c 9"
}

// Or, using array extras
Object.entries(obj).forEach(([key, value]) => {
console.log(`${key} ${value}`); // "a 5", "b 7", "c 9"
});

Object から Map への変換

new Map() コンストラクタは entries による反復処理に対応しています。Object.entries を使うと、Object から Map へと簡単に変換できます。:

const obj = { foo: 'bar', baz: 42 }; 
const map = new Map(Object.entries(obj));
console.log(map); // Map { foo: "bar", baz: 42 }

Object をループする

Array Destructuring を使って、objects を簡単にループできます。

const obj = { foo: 'bar', baz: 42 };
Object.entries(obj).forEach(([key, value]) => console.log(`${key}: ${value}`)); // "foo: bar", "baz: 42"

ポリフィル (Polyfill)

Object.entries  をサポートしていない旧環境に互換性を持たせる場合は、tc39/proposal-object-values-entries (IE のサポートが不要な場合)や es-shims/Object.entries  内に Object.entries の実装のポリフィルがありますし、単純に、下記のデプロイ可能な polyfill を使っても良いです。

if (!Object.entries)
  Object.entries = function( obj ){
    var ownProps = Object.keys( obj ),
        i = ownProps.length,
        resArray = new Array(i); // preallocate the Array
    while (i--)
      resArray[i] = [ownProps[i], obj[ownProps[i]]];
    
    return resArray;
  };

上記の polyfill コード断片で、IE < 9 のサポートが必要な場合、Object.keys の polyfill Object.keys ページにあるようなもの)も必要となります。

仕様

仕様 策定状況 コメント
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Object.entries の定義
ドラフト 初期定義。
ECMAScript 2017 (ECMA-262)
Object.entries の定義
標準  

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応541447 なし4110.1
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応5454 あり4741 なし6.0

 

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, segayuu, YuichiNukiyama, lv7777, x2357
最終更新者: Uemmra3,