exsl:object-type()

exsl:object-type() は、指定されたオブジェクトの型を示す文字列を返します。

Note: ほとんどの XSLT オブジェクトの型は、安全に他の型へ自動変換されることがあります。しかし、自動変換によってはエラーを発生させることになります。特に、ノードセットでないものをノードセットとして扱うと、そのようになります。この機能により、名前付きテンプレートや拡張関数の作者は、簡単に引数値に柔軟性を持たせることができます。

構文

exsl:object-type(object)

引数

object

型が返されるオブジェクト。

返値

オブジェクトの型で、以下のいずれかになります。

  • string
  • number
  • boolean
  • node-set
  • RTF
  • external

仕様書