ProgressEvent.initProgressEvent()

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

ProgressEvent.initProgressEvent() メソッドは、非推奨の Document.createEvent("ProgressEvent") メソッドを使用して生成されたアニメーションイベントを初期化します。

この方法で作成された ProgressEvent は信頼できません。

Note: このメソッドは標準化プロセスで削除されました。非推奨となり、ほとんどの実装から削除されました。もうこれを使用せず、標準のコンストラクター ProgressEvent() を使用して、合成した ProgressEvent を生成してください。

構文

Progress.initProgressEvent(typeArg, canBubbleArg, cancelableArg, lengthComputable, loaded, total);

引数

typeArg

DOMString で、発生したアニメーションイベントの種類を識別します。以下の値が使用可能です。

意味
loadstart 操作が開始された。
progress 操作が続行中である。
error 操作に失敗し、完了しなかった。
abort 操作がキャンセルされ、完了しなかった。
load 操作が完了した。
loadend 操作が停止した。
canBubbleArg

論理値のフラグで、このイベントがバブリングするか (true) しないか (false) を示します。

cancelableArg

論理値のフラグで、動作に関連したイベントを防止できるか (true) できないか (false) を示します。

lengthComputable

論理値のフラグで、基礎となるプロセスで行われる作業の合計と、すでに行われた作業の量が計算可能であるかどうかを示します。言い換えれば、進捗が測定可能かどうかを示します。

loaded

unsigned long long で、基礎となるプロセスで既に実行された作業量を表します。行われた作業の割合は、このプロパティと ProgressEvent.total を用いて計算することができます。 HTTP を使用してリソースをダウンロードする場合、これはヘッダーやその他のオーバーヘッドを除いた、コンテンツ自体の部分のみを表します。

total

unsigned long long で、基礎となるプロセスが実行中の作業の総量を表します。 HTTP を使用してリソースをダウンロードする場合、これはヘッダーやその他のオーバーヘッドを除いた、コンテンツそのものを表します。

仕様書

この機能はどの仕様書にもありません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報