MediaSource.isTypeSupported()

MediaSource.isTypeSupported() 静的メソッドは、指定された MIME タイプが現在のユーザーエージェントによってサポートされる可能性が高い場合に true となる Boolean 値を返します。 つまり、その MIME タイプの SourceBuffer オブジェクトを正常に作成できる場合です。 返された値が false の場合、ユーザーエージェントは、指定された形式のメディアにアクセスできないと確信しています。

構文

var isItSupported = mediaSource.isTypeSupported(mimeType);

パラメーター

mimeType
現在のブラウザーでのサポートをテストする MIME メディアタイプ。 これには、ファイル内で使用されるコーデックに関する追加の詳細を提供する codecs パラメーターが含まれる場合があります。

戻り値

指定されたタイプのメディアをおそらく再生できるとブラウザーが感じる場合に true になる Boolean。 ただし、これは保証ではなく、メディアが正しく再生されない可能性に備えてコードを準備する必要があります。 ただし、値 false は、指定されたタイプのメディアが再生されないことを保証します。

メディアファイルで動作するすべての Web API は、メディアタイプを使用できるかどうかを判断するときに、「いいえ/多分/おそらく」アプローチ(または、この場合は「いいえまたはおそらく」)を使用します。 これは、メディアファイルが複雑で難解な構造であるため、実際にメディアのコンテンツを使用するまでは、微妙なバリエーションが多すぎて絶対に確実ではないためです。

次のスニペットは、Nick Desaulniers によって書かれた例からのものです(ライブで完全なデモを見るか、ソースをダウンロードしてさらに調査してください)。

var assetURL = 'frag_bunny.mp4';
// Blink はコーデックに関して特定する必要がある
// ./mp4info frag_bunny.mp4 | grep Codec
var mimeCodec = 'video/mp4; codecs="avc1.42E01E, mp4a.40.2"';

if ('MediaSource' in window && MediaSource.isTypeSupported(mimeCodec)) {
  var mediaSource = new MediaSource;
  //console.log(mediaSource.readyState); // closed
  video.src = URL.createObjectURL(mediaSource);
  mediaSource.addEventListener('sourceopen', sourceOpen);
} else {
  console.error('サポートされていない MIME タイプまたはコーデック: ', mimeCodec);
}

function sourceOpen (_) {
  //console.log(this.readyState); // open
  var mediaSource = this;
  var sourceBuffer = mediaSource.addSourceBuffer(mimeCodec);
  fetchAB(assetURL, function (buf) {
    sourceBuffer.addEventListener('updateend', function (_) {
      mediaSource.endOfStream();
      video.play();
      //console.log(mediaSource.readyState); // ended
    });
    sourceBuffer.appendBuffer(buf);
  });
};

仕様

仕様 状態 コメント
Media Source Extensions
isTypeSupported() の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報