ContactsManager.getProperties()

安全なコンテキスト用: この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

getProperties()ContactsManager インターフェイスのメソッドで、プロミス (Promise) を返します。これは、どの連絡先プロパティが利用できるかを示す文字列の配列 (Array) で解決します。

構文

js

getProperties()

引数

このメソッドは引数を受け取りません。

返値

プロミス (Promise) を返します。これは、どの連絡先プロパティが利用できるかを示す文字列の配列 (Array) で解決します。

プロパティには、以下のものを含めることができます。

  • 'name': 連絡先の名前。
  • 'tel': 連絡先の電話番号。
  • 'email': 連絡先のメールアドレス。
  • 'address': 連絡先の住所。
  • 'icon': 連絡先のアバター。

例外

発生する例外はありません。

プロパティの対応を確認

以下の非同期関数は getProperties() メソッドを使用して、現在のシステムが icon プロパティに対応しているかどうかを調べています。

js

async function checkProperties() {
  const supportedProperties = await navigator.contacts.getProperties();
  if (!supportedProperties.includes("icon")) {
    console.log("Your system does not support getting icons.");
  }
}

対応しているプロパティのみを使用して選択

以下の例は select() メソッドと似ています。 select() に渡されるプロパティをハードコーディングする代わりに、 getProperties() を使用して、対応しているプロパティのみが渡されるようにします。そうでない場合、 select()TypeError を発生させるかもしれません。 handleResults() は開発者が定義した関数です。

js

const supportedProperties = await navigator.contacts.getProperties();

async function getContacts() {
  try {
    const contacts = await navigator.contacts.select(supportedProperties);
    handleResults(contacts);
  } catch (ex) {
    // Handle any errors here.
  }
}

仕様書

Specification
Contact Picker API
# contacts-manager-getproperties

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser