フレームワークなしの Node.js サーバ

この記事では、フレームワークを使用せずに、Node.jsだけで構築された単純な静的ファイルサーバを紹介します。

Node.js用に、サーバを稼働させるのに役立つ多くのフレームワークがあります。

最も人気があるのは、次のようなものです:

  • Express: 広く使われているフレームワーク
  • Hapi.js: アプリケーションとサービスを構築するための豊富なフレームワーク
  • Total: 他のフレームワークやモジュールに依存しない、オールインワンのNode.jsフレームワーク。

これらは、どんな状況にも適しているというわけではありません。開発者は既存のフレームワークに依存することなく、独自のサーバを構築する必要があることもあるでしょう。

静的ファイルサーバーの例

Node.jsで構築された、簡単な静的ファイルサーバの例を以下に示します。

var http = require('http');
var fs = require('fs');
var path = require('path');

http.createServer(function (request, response) {
    console.log('request ', request.url);

    var filePath = '.' + request.url;
    if (filePath == './') {
        filePath = './index.html';
    }

    var extname = String(path.extname(filePath)).toLowerCase();
    var mimeTypes = {
        '.html': 'text/html',
        '.js': 'text/javascript',
        '.css': 'text/css',
        '.json': 'application/json',
        '.png': 'image/png',
        '.jpg': 'image/jpg',
        '.gif': 'image/gif',
        '.wav': 'audio/wav',
        '.mp4': 'video/mp4',
        '.woff': 'application/font-woff',
        '.ttf': 'application/font-ttf',
        '.eot': 'application/vnd.ms-fontobject',
        '.otf': 'application/font-otf',
        '.svg': 'application/image/svg+xml'
    };

    var contentType = mimeTypes[extname] || 'application/octet-stream';

    fs.readFile(filePath, function(error, content) {
        if (error) {
            if(error.code == 'ENOENT') {
                fs.readFile('./404.html', function(error, content) {
                    response.writeHead(200, { 'Content-Type': contentType });
                    response.end(content, 'utf-8');
                });
            }
            else {
                response.writeHead(500);
                response.end('Sorry, check with the site admin for error: '+error.code+' ..\n');
                response.end();
            }
        }
        else {
            response.writeHead(200, { 'Content-Type': contentType });
            response.end(content, 'utf-8');
        }
    });

}).listen(8125);
console.log('Server running at http://127.0.0.1:8125/');

各部の説明

第1行から第3行までは、Node.jsが提供するモジュールを組み込みます。おおむね「インポート」に似たような手続きです。

var http = require('http');
var fs = require('fs');
var path = require('path');

次にある関数で、サーバーを生成します。 https.createServerは、サーバーオブジェクトを返しますが、下の例ではポート8125で要求の受付を開始します。

http.createServer(function (request, response) {
    ...
}).listen(8125);

次の4行では、要求があったURLから、ファイルへのパスを決定します。ファイル名が明示されていないときは、デフォルト名を使うようにします。

var filePath = '.' + request.url;
if (filePath == './') {
    filePath = './index.html';
}

例えば、example.orgというURLを要求されたときは、example.org/index.html.のことだと解釈します。

次に、要求されたファイルの拡張子を調べ、以下に定義するMIMEタイプのどれかと一致したら、そのタイプを使います。一致しない場合には、デフォルトのタイプapplication/octet-streamを使うようにします。.

var mimeTypes = {
    '.html': 'text/html',
    '.js': 'text/javascript',
    '.css': 'text/css',
    '.json': 'application/json',
    '.png': 'image/png',
    '.jpg': 'image/jpg',
    '.gif': 'image/gif',
    '.wav': 'audio/wav',
    '.mp4': 'video/mp4',
    '.woff': 'application/font-woff',
    '.ttf': 'application/font-ttf',
    '.eot': 'application/vnd.ms-fontobject',
    '.otf': 'application/font-otf',
    '.svg': 'application/image/svg+xml'
};

var contentType = mimeTypes[extname] || 'application/octet-stream';

最後に、ファイルの情報をクライアントに返送します。この関数では、あらかじめ用意してあったfilePath変数を使ってファイルを読み込みます。

fs.readFile(filePath, function(error, content) {
    ...
});

関数のなかで最初にやることは、起こりうるエラーへの対応です。一番多いのは、存在しないファイルを要求された場合(ENOENT)で、エラーコード404に対応するページを返してやります。

if(error.code == 'ENOENT') {
    fs.readFile('./404.html', function(error, content) {
        response.writeHead(200, { 'Content-Type': contentType });
        response.end(content, 'utf-8');
    });
}
else {
    response.writeHead(500);
    response.end('Sorry, check with the site admin for error: '+error.code+' ..\n');
    response.end();
}

何もエラーが検出されなかったら、MIME型をヘッダーに付けて、要求されたファイルを返してやります。

response.writeHead(200, { 'Content-Type': contentType });
response.end(content, 'utf-8');

拡張の検討

静的なファイルの返送機能だけでなく、要求の度にページを動的に生成する機能を付け加えることを考えてみてください。