ウェブパフォーマンスのビジネスケース

草案
このページは完成していません。

ここまで、ウェブパフォーマンスの重要性についてお話してきました。ウェブパフォーマンスを最適化するために何をすべきかを学びました。しかし、クライアントや経営陣にパフォーマンスに優先順位をつけて投資するように説得するにはどうすればよいのでしょうか?このセクションでは、意思決定者に投資をするように説得するための明確なビジネスケースの作成について説明します。

前提条件: コンピュータリテラシーの基礎、クライアントサイドのウェブ技術の基礎知識、ウェブパフォーマンス最適化の基礎知識。
目標: クライアントや経営者に ウェブパフォーマンスを優先してもらい、自信を持って仕事ができるようになること。

パフォーマンスを経営の最優先事項にする

これまで、パフォーマンスに優先順位をつけることで、ユーザー体験を向上させ、その結果として収益を上げる方法について説明してきました。ウェブパフォーマンスを優先させないと、ビジネスの収益を失う可能性があることを知っています。この記事では、特定のビジネス指標がユーザーのウェブパフォーマンス体験にどのように直接関係しているか、ウェブパフォーマンスのユーザー体験を向上させるためにサービス設計を適用する方法について説明しています。また、累積的な経験がコンバージョン率やリテンション率にどのように影響するかを理解することの重要性を強調しています。

パフォーマンス予算

ウェブパフォーマンス予算を設定することで、チームがサイトを維持するための軌道に乗っているかどうかを確認し、回帰を防ぐのに役立ちます。パフォーマンスバジェットとは、維持しなければならない最大の http リクエスト数、すべてのアセットを合わせた最大の合計サイズ、特定のデバイスでの最小許容 FPS などの制限を指定するために設定される制限のセットです。予算は、単一のファイル、ファイルタイプ、ページに読み込まれたすべてのファイル、特定のメトリック、または一定期間のしきい値に適用することができます。

予算を定義して推進することで、マーケティング、セールス、さらにはビデオやサードパーティスクリプト、フレームワークを追加したいと考えている他の開発者など、競合する利害関係者に対抗して、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するためのパフォーマンス推進者を支援することができます。パフォーマンス予算は、開発者チームがユーザーのために最適なパフォーマンスを保護し、ビジネスが新しい市場に参入してカスタム体験を提供できるようにするのに役立ちます。

key performance indicators

目標として主要業績評価指標(KPI)を設定することで、ビジネスの目標でもある業績目標を明確にすることができます。KPIは、ユーザーエクスペリエンスとパフォーマンスがビジネスのトップラインに与える影響を測定する上で重要なビジネスメトリクスのセットであると同時に、パフォーマンスに優先順位をつけることのメリットを示す方法でもあります。ここでは、検討すべき KPI をいくつか紹介します。

コンバージョン率 (CR)
購入の完了やニュースレターへの登録など、意図した行動をとったトラフィックの割合。ビジネスサイトの表示速度が遅いと、ユーザーが意図したタスクを完了できないことがあります。これは、コンバージョン率の低下につながる可能性があります。
Time on Site
集計したユーザーがサイトに費やす平均時間。サイトのパフォーマンスが低下すると、ユーザーはサイトを早期に放棄する可能性が高くなり、サイトのメトリクスにかかる時間が短くなる可能性があります。
ネットプロモーションスコア (NPS)
ネットプロモーションスコア (NPS) は、企業のブランド、製品、サービスに対する顧客の忠誠心を評価するための指標です。ユーザーのパフォーマンスが悪いと、ブランドの評判が悪くなります。

KPI としてコンバージョン率、サイト上の時間、および/またはネットプロモーションのスコアを設定すると、ウェブパフォーマンスの努力に財務および他のビジネス目標の価値を与え、努力の価値を証明するためのメトリクスを使用して、購入を後押しするのに役立ちます。

このモジュール