window.URL.createObjectURL

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

概要

静的な URL.createObjectURL() メソッドは、引数で渡されたオブジェクトを表す URL を含む DOMString を生成します。URL のライフタイムは、それが作成されたウィンドウ内の document と同じです。新しいオブジェクトの URL は、指定された File オブジェクトか Blob オブジェクトを表します。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

objectURL = URL.createObjectURL(blob);

引数

blob
オブジェクトの URL を生成するための File オブジェクトか Blob オブジェクト。

画像表示にオブジェクト URL を用いる』 を参照して下さい。

注記

あるオブジェクトに対し既に createObjectURL() が用いられている場合でも、そのオブジェクトに対しこのメソッドを呼び出す度に新しいオブジェクト URL が作成されます。オブジェクト URL が不要になった場合にはこれらを逐一 window.URL.revokeObjectURL() で削除するのが望ましいでしょう。ブラウザーは、文書がアンロードされた際にこれらのオブジェクト URL をメモリから解放します。しかし、パフォーマンスとメモリ使用を考慮し、明示的にアンロードできる安全な機会があるならば、そうするべきです。たとえば、MediaStream から作成された URL をアンロードしないと、ブラウザーのカメラのライト点灯が必要以上に長くなることがあります。

ストリームオブジェクトは HTMLMediaElement.srcObject を使用して再生要素に直接割り当てることができるので、MediaStream から URL を作成する必要はありません。

仕様

仕様 ステータス コメント
File API
URL の定義
草案 初期定義。

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 8 [1]
23
4.0 (2) 10 15 6 [1]
7
Web Worker 10 [1]
23
21 (21) 11 15 6 [1]
7
機能 Chrome for Android Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 18 [1] 4.0 [1] 14.0 (14) ? 15 [1] 6.0 [1]
Web Worker 18 [1] (有) [1] 14.0 (14) ? 15 [1] 6.0 [1]

[1] webkitURL 接頭辞付き URL です。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: YuichiNukiyama, fscholz, ethertank, chatarouxxx
 最終更新者: YuichiNukiyama,