window.URL.createObjectURL

概要

createObjectURL メソッドは、それが作成されたウィンドウ内の document と同じ寿命を持つ、新しいオブジェクトの URL を作成します。新しいオブジェクトの URL は、指定された File オブジェクトを表します。

構文

objectURL = window.URL.createObjectURL(file);
  • file : オブジェクト URL の作成の対象とする File オブジェクト
  • objectURL : 生成されたオブジェクト URL。指定ファイルの内容全体がエンコードされ、URL テキストによって表されます。

画像表示にオブジェクト URL を用いる』 を参照して下さい。

注記

あるファイルオブジェクトに対し既に createObjectURL()が用いられている場合でも、そのファイルオブジェクトに対しこのメソッドを呼び出す度に新しいオブジェクト URL が作成されます。文書がアンロードされた際にこれらのオブジェクト URL はメモリから解放されますが、パフォーマンスを考慮し、オブジェクト URL が不要になった場合にはこれらを逐一 window.URL.revokeObjectURL() で削除するのが望ましいでしょう。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 8 4 10 12 Nightly build
機能 Chrome for Android Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 18 4.0 14.0 ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: ethertank,