SyncEvent.lastChance

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

SyncEvent インターフェイスの SyncEvent.lastChance 読み取り専用プロパティは、現在の試行後にユーザーエージェントが同期を試行しない場合に true を返します。 これは、 SyncEvent() コンストラクタの lastChance パラメータに渡される値です。

構文

var lastChance = SyncEvent.lastChance

Boolean は、現在の試行の後にユーザーエージェントがこれ以上同期を試行しないかどうかを示します。

仕様

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser