ReadableStreamDefaultReader.cancel()

ReadableStreamDefaultReader インターフェイスの cancel() メソッドはストリームをキャンセルし、コンシューマーがストリームに興味を失ったことを通知します。 提供された reason 引数は、基になるソースに与えられ、使用する場合もしない場合もあります。

キャンセルは、ストリームを完全に終了し、読み取り待ちのチャンクがキューに入っている場合でも、それ以上データを必要としない場合に使用します。 キャンセルが呼び出された後、そのデータは失われ、ストリームは読み取り不能になります。 これらのチャンクをまだ読み取り、ストリームを完全に取り除くわけではない場合は、ReadableStreamDefaultController.close() を使用します。

: リーダーがアクティブな場合、cancel() メソッドは、関連付けられたストリームの場合(ReadableStream.cancel())と同じように振る舞います。

構文

var promise = readableStreamDefaultReader.cancel(reason);

パラメーター

reason 省略可
人間が読むことができるキャンセルの理由を提供する DOMString

戻り値

Promisereason パラメーターで指定された値で満たされます。

Exceptions

TypeError
ソースオブジェクトが ReadableStreamDefaultReader ではないか、ストリームに所有者がいません。

次の簡単な例では、getReader() を使用して作成した ReadableStreamDefaultReader を使用して、以前に作成したカスタムの ReadableStream を読み取ります(このコードは、単純なランダムストリームの例に基づいています)。 各チャンクを順番に読み取り、ストリームの読み取りが完了するまで UI に出力します。 ストリームの読み取りが完了すると、再帰関数から戻り、ストリーム全体を UI の別の部分に出力します。

ストリームが完了したら(if (done))、reader.cancel() を実行してストリームをキャンセルし、それ以上使用する必要がないことを通知します。

function fetchStream() {
  const reader = stream.getReader();
  let charsReceived = 0;

  // read() は、値を受け取ったときに解決する promise を返します
  reader.read().then(function processText({ done, value }) {
    // 結果オブジェクトには2つのプロパティが含まれます
    // done  - ストリームがすべてのデータを既に提供している場合は true
    // value - 一部のデータ。 done が true の場合、常に undefined
    if (done) {
      console.log("Stream complete");
      reader.cancel();
      para.textContent = result;
      return;
    }

    // フェッチしたストリームの値は Uint8Array です
    charsReceived += value.length;
    const chunk = value;
    let listItem = document.createElement('li');
    listItem.textContent = 'Received ' + charsReceived + ' characters so far. Current chunk = ' + chunk;
    list2.appendChild(listItem);

    result += chunk;

    // さらに読み、この関数を再度呼び出します
    return reader.read().then(processText);
  });
}

仕様

仕様 状態 コメント
Streams
cancel() の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser