MutationObserver.disconnect()

MutationObserver の disconnect() メソッドは、オブザーバーに変更の監視を停止させます。 オブザーバーは、 observe() メソッドを再度呼び出すことで再利用できます。

構文

mutationObserver.disconnect()

引数

なし

戻り値

undefined

注: すでに検知されているものの、まだオブザーバーに報告されていない変更の通知は、すべて破棄されます。

使用における注意点

監視されている要素が DOM から削除され、その後ブラウザのガベージコレクション機構によって解放された場合、MutationObserver も同様に削除されます。

この例では、オブザーバを作成してから切断し、再利用できるようにします。

const targetNode = document.querySelector("#someElement");
const observerOptions = {
  childList: true,
  attributes: true
}

const observer = new MutationObserver(callback);
observer.observe(targetNode, observerOptions);

/* some time later... */

observer.disconnect();

仕様

Specification Status Comment
DOM
MutationObserver.disconnect() の定義
現行の標準

ブラウザ互換性

BCD tables only load in the browser