FileSystemFileHandle.getFile()

安全なコンテキスト用: この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

FileSystemFileHandle インターフェイスの getFile() メソッドは、ハンドルが表すエントリーのディスク上の状態を表す File オブジェクトで解決する Promise を返します。

このメソッドが呼び出されたあと、ディスク上のファイルが変更されたり削除されたりすると、返された File オブジェクトはおそらく読み込めなくなるでしょう。

構文

js
getFile()

引数

なし

返値

File オブジェクトで解決する Promise を返します。

NotAllowedError

読み込みモードの PermissionStatus.stategranted でないとき投げられます。

以下の非同期関数は、ファイルピッカーを開き、ファイルが選択されると getFile() メソッドを用いて中身を取得します。

js
async function getTheFile() {
  // ファイルピッカーを開く
  [fileHandle] = await window.showOpenFilePicker(pickerOpts);

  // ファイルの中身を取得する
  const fileData = await fileHandle.getFile();
}

仕様書

Specification
File System Standard
# api-filesystemfilehandle-getfile

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報