Express チュートリアル: 地域図書館の Web サイト

実用的なチュートリアルシリーズの最初の記事では、これから学ぶことについて説明します。そして、私たちがこれから取り組んでいき、その後の記事で進化していく「地域図書館」のサンプル Web サイトの概要を説明します。

前提条件: Express のイントロダクションを読んでください。以下の記事では、Node 開発環境を設定する必要もあります。
目標: このチュートリアルで使用されているサンプルアプリケーションを紹介し、どのトピックがカバーされるのかを読者が理解できるようにします。

概要

MDN "Local Library" Express (Node) チュートリアルへようこそ。このチュートリアルでは、ローカルライブラリのカタログを管理するために使用される可能性がある Web サイトを開発します。

この一連のチュートリアル記事では、次のことを行います。

  • Express Application Generator ツールを使用して、スケルトン Web サイトとアプリケーションを作成します
  • Node Web サーバを起動および停止します
  • データベースを使用してアプリケーションのデータを保存します
  • さまざまな情報を要求するためのルートを作成し、ブラウザに表示するデータを HTML としてレンダリングするためのテンプレート ("ビュー" )を作成します
  • フォームを操作します
  • アプリケーションを運用環境にデプロイします

あなたはすでにこれらのトピックのいくつかについて学び、他のものについて簡単に触れました。チュートリアルシリーズの最後までに、簡単な Express アプリケーションを自分で開発するのに十分な知識があるはずです。

LocalLibrary ウェブサイト

LocalLibrary は、この一連のチュートリアルの過程で作成および進化する Web サイトの名前です。ご想像のとおり、この Web サイトの目的は利用できる書籍を閲覧したり自分のアカウントを管理したりできる、地元の小さな図書館用のオンラインカタログを提供することです。

この例は慎重に選択されています。必要なだけ詳細を表示することも、ほとんどすべての Express 機能を見せるために使用することもできるためです。さらに重要なことに、それは私たちがあなたがどんなウェブサイトで必要とする機能性を通してガイド付きの道を提供することを可能にします:

  • 最初のいくつかのチュートリアル記事では、図書館のメンバーがどの本が利用できるかを調べるために使用できる簡単なブラウズ専用ライブラリを定義します。これにより、ほぼすべての Web サイトに共通の操作、つまりデータベースからのコンテンツの読み取りと表示を探ることができます
  • 進歩するにつれて、図書館の例は自然に拡張され、より高度な Web サイト機能を実演します。たとえば、新しい本を作成できるようにライブラリを拡張し、これを使用してフォームの使用方法を示し、ユーザ認証をサポートすることができます

これは非常に拡張可能な例ですが、LocalLibrary と呼ばれる理由があります - Express をすぐに使い始めるための最小限の情報を示すことを望んでいます。その結果、私たちは本に関する情報、本のコピー、作者、その他の重要な情報を保存します。ただし、図書館が貸し出す可能性のある他のアイテムに関する情報を保存したり、複数の図書館サイトやその他の "大きな図書館" 機能をサポートするために必要なインフラストラクチャを提供することはしません。

私は立ち往生しています、どこでソースを入手できますか?

チュートリアルを進めていくうちに、適切なコードスニペットを各ポイントにコピーして貼り付けることができます。また、他のコードも (ある程度の手引きを付けて) 拡張することを望んでいます。

すべてのコードスニペットをコピーして貼り付けるのではなく、それらを入力してみてください。次回同様のコードを書くときには、コードに慣れ親しむことになるので、長期的には役に立ちます。

あなたが動けなくなるならば、あなたは Github のここで Web サイトの完全に開発されたバージョンを見つけることができます。

メモ: node、Express、およびこの資料がテストされた他のモジュールの特定のバージョンは、プロジェクト package.json にリストされています。

まとめ

LocalLIbrary Web サイトと、これから学ぶことについてもう少し知っているので、今度は私たちの例を含むスケルトンプロジェクトの作成を開始します。

このモジュールの中