非同期 JavaScript

このモジュールでは、asynchronous JavaScript に触れ、なぜそれが重要なのか、そして、潜在的なブロッキング処理(例えばサーバからリソースを取得する)に効果的に対処するためにどうやって使うのかを見ていきます。

Callout:

フロントエンド Web 開発者を目指す方へ

目標に向かって頑張るために必要な情報をまとめたコースをご用意しました。

Get started

前提条件

非同期 JavaScript はとても高度なトピックなので、事前に JavaScript の第一歩JavaScript の構成要素のモジュールに取り組んでおくことをおすすめします。

Note: ファイルを作成する手段のないコンピュータ・タブレット・その他のデバイスをお使いの場合、(ほとんどの)コード例は JSBinGlitch などのオンラインエディタでも試すことができます。

ガイド

非同期 JavaScript の導入 (en-US)

この記事では同期プログラミングと非同期プログラミングとは何か、なぜ頻繁に非同期のテクニックを使う必要があるのか、歴史的に非同期関数は JavaScript でどのように実装されてきたのか、そしてその問題点が何だったのかを見ていきます。

Promise の使い方 (en-US)

ここでは Promise を紹介し、Promise ベースの API の使い方をお見せします。asyncawait キーワードの紹介もここで行います。

Promise ベースの API の実装 (en-US)

この記事では独自の Promise ベースの API を実装する方法を概説します。

Worker の導入 (en-US)

Worker を使用すると、特定のタスクを別のスレッドで実行し、メインコードの応答性を維持することができます。この記事では、長時間実行される同期的な関数を Worker を使用して書き直します。

学習の評価

アニメーションを順番に再生する (en-US)

この評価では Promise を使用して一連のアニメーションを特定の順序で再生してください。

関連情報