PerformanceEntry.duration

duration プロパティは、パフォーマンスエントリの期間であるタイムスタンプを返します。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

このプロパティによって返される値は、パフォーマンスエントリのタイプによって異なります。

このプロパティは 読取専用 です。

構文

entry.duration;

戻り値

パフォーマンスエントリの長さを表す DOMHighResTimeStamp。期間の概念が特定のパフォーマンスメトリックに適用されない場合、ブラウザは期間 0 を返すように選択することがあります。

メモ: パフォーマンスエントリが "resource" の entryType を持つ場合 (つまり、エントリが PerformanceResourceTiming オブジェクトである場合)、このプロパティは PerformanceEntry.responseEnd (en-US) PerformanceEntry.startTime の差タイムスタンプを返します。

次の例は、duration プロパティの使用方法を示しています。

function run_PerformanceEntry() {
  log("PerformanceEntry support ...");

  if (performance.mark === undefined) {
    log("... performance.mark Not supported");
    return;
  }

  // Create some performance entries via the mark() method
  performance.mark("Begin");
  do_work(50000);
  performance.mark("End");

  // Use getEntries() to iterate through the each entry
  var p = performance.getEntries();
  for (var i=0; i < p.length; i++) {
    log("Entry[" + i + "]");
    check_PerformanceEntry(p[i]);
  }
}
function check_PerformanceEntry(obj) {
  var properties = ["name", "entryType", "startTime", "duration"];
  var methods = ["toJSON"];

  for (var i=0; i < properties.length; i++) {
    // check each property
    var supported = properties[i] in obj;
    if (supported)
      log("..." + properties[i] + " = " + obj[properties[i]]);
    else
      log("..." + properties[i] + " = Not supported");
  }
  for (var i=0; i < methods.length; i++) {
    // check each method
    var supported = typeof obj[methods[i]] == "function";
    if (supported) {
      var js = obj[methods[i]]();
      log("..." + methods[i] + "() = " + JSON.stringify(js));
    } else {
      log("..." + methods[i] + " = Not supported");
    }
  }
}

仕様

仕様書 ステータス コメント
Performance Timeline Level 2
duration の定義
勧告候補  
Performance Timeline
duration の定義
勧告 初期定義

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser