GPU: getPreferredCanvasFormat() メソッド

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

GPU インターフェイスの getPreferredCanvasFormat() メソッドは、現在のシステムにおける 8 ビット深度で通常のダイナミックレンジのコンテンツを表示する用の最適なキャンバステクスチャーの形式を返します。

これは、GPUCanvasContext.configure() (en-US) を呼び出す際に format の値を現在のシステムで最適なものにするためによく用いられます。これは推奨される方法です。キャンバスコンテキストを設定する際に適した形式を用いないと、プラットフォームによっては、テクスチャーのコピーが増えるなどの追加のオーバーヘッドが発生する可能性があります。

構文

js
getPreferredCanvasFormat()

引数

なし

返値

キャンバステクスチャーの形式を表す文字列です。rgba8unorm および bgra8unorm を取りえます。

例外

なし

js
const canvas = document.querySelector("#gpuCanvas");
const context = canvas.getContext("webgpu");

context.configure({
  device: device,
  format: navigator.gpu.getPreferredCanvasFormat(),
  alphaMode: "premultiplied",
});

仕様書

Specification
WebGPU
# dom-gpu-getpreferredcanvasformat

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報