CountQueuingStrategy.size()

草案: このページは完成していません。

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

CountQueuingStrategy インターフェイスの size() メソッドは常に 1 を返すため、合計キューサイズはキュー内のチャンク数を数えたものになります。

構文

var size = countQueuingStrategy.size();

パラメーター

なし。

戻り値

1

const queuingStrategy = new CountQueuingStrategy({ highWaterMark: 1 });

const writableStream = new WritableStream({
  // シンクの実装
  write(chunk) {
    ...
  },
  close() {
    ...
  },
  abort(err) {
    console.log("Sink error:", err);
  }
}, queuingStrategy);

var size = queuingStrategy.size();

仕様

仕様 状態 コメント
Streams
size の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser