伝統的には、ウェブページが新たなデータを受け取るために、サーバーにリクエストを送信しなければなりません。すなわち、ページがサーバーからデータを要求します。サーバー送信イベントによって、サーバーがウェブページにメッセージをプッシュ送信することにより、サーバーからウェブページへ新たなデータをいつでも送信することができます。入ってくるメッセージは、ウェブページ内のイベントおよびデータとして扱うことができます。

概念と使用方法

Server-Sent events の使い方を学ぶには、 Server-Sent events の使用を参照してください。

インターフェイス

EventSource
サーバーへの接続、イベントやデータの受信、エラー、コネクションの切断など、すべての機能の扱いを定義します。

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
Server-sent events の定義
現行の標準  

ブラウザーの対応

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
EventSource の対応 6 未サポート 6.0 (6.0) 未サポート (有) 5
共有かつ専用ワーカーで使用可[1] (有) 未サポート 53.0 (53.0) 未サポート (有) (有)
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
EventSource の対応 4.4 45 未サポート 12 4.1
共有かつ専用ワーカーで使用可[1] (有) 53.0 (53.0) 未サポート (有) (有)

[1] 但しサービスワーカーはまだです。

関連情報

ツール

その他のリソース

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yyss, ethertank, raju_dasa
最終更新者: mfuji09,