Boolean.prototype.toSource()

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

toSource() メソッドはオブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

構文

booleanObj.toSource() Boolean.toSource()

戻り値

オブジェクトのソースコードを表す文字列です。

説明

toSource メソッドは以下の値を返します。

  • 組み込みの Boolean オブジェクトに対しては、toSource はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
    function Boolean() {
       [native code]
    }
  • Boolean のインスタンスに対しては、toSource はソースコードを表す文字列を返します。

このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。

仕様

いずれの標準仕様にも組み込まれていません。JavaScript 1.3 で実装されました。

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報