これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

概要

URL.revokeObjectURL() 静的メソッドは、URL.createObjectURL() を使用して以前に生成したオブジェクト URL を開放します。オブジェクト URL を使い終わったときに、ブラウザーに参照を維持する必要がないことを通知するためにこのメソッドを呼び出します。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

window.URL.revokeObjectURL(objectURL);
objectURL
URL.createObjectURL() を呼び出して生成されたオブジェクト URL を表す DOMString

Web アプリケーションからファイルを扱う - 例: オブジェクト URL で画像を表示』を参照して下さい。

仕様書

仕様 ステータス コメント
File API
URL の定義
草案 初期定義。

ブラウザー実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 8.0[1] 4.0 (2.0) 10.0 15.0 6.0[1]
7.0
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有)[1] 14.0 (14.0) (有) 15.0 6.0[1]
7.0

[1] webkitURL 接頭辞付きの URL として実装されています。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: YuichiNukiyama, fscholz, ethertank
最終更新者: YuichiNukiyama,