window.URL.revokeObjectURL

by 2 contributors:

概要

window.URL.createObjectURL() を用いてオブジェクト URL を生成した後、ブラウザがファイルへの参照を維持する必要が無くなった際にこのメソッドを呼び出します。

構文

window.URL.revokeObjectURL(objectURL);

Web アプリケーションからファイルを扱う - 例: オブジェクト URL で画像を表示』を参照して下さい。

仕様書

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 8 4 --- --- Nightly build
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, ethertank
最終更新者: ethertank,