概要

URL.revokeObjectURL() 静的メソッドは、URL.createObjectURL() を使用して以前に生成したオブジェクト URL を開放します。オブジェクト URL を使い終わったときに、ブラウザーに参照を維持する必要がないことを通知するためにこのメソッドを呼び出します。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

Note: This method is not available from service workers, due to issues with the Blob interface's life cycle and the potential for leaks.

構文

window.URL.revokeObjectURL(objectURL);

Parameters

objectURL
URL.createObjectURL() を呼び出して生成されたオブジェクト URL を表す DOMString

Return value

Void.

Web アプリケーションからファイルを扱う - 例: オブジェクト URL で画像を表示』を参照して下さい。

仕様書

仕様 ステータス コメント
File API
URL の定義
草案 初期定義。

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
revokeObjectURL
実験的
Chrome 完全対応 8Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 19
補足
完全対応 19
補足
補足 revokeObjectURL() is no longer available within the context of a ServiceWorker.
IE 完全対応 10Opera 完全対応 15Safari 完全対応 6WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 18Edge Mobile ? Firefox Android 完全対応 19
補足
完全対応 19
補足
補足 revokeObjectURL() is no longer available within the context of a ServiceWorker.
Opera Android 完全対応 14Safari iOS 完全対応 6Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: isdh, mdnwebdocs-bot, YuichiNukiyama, fscholz, ethertank
最終更新者: isdh,