FetchEvent.request

FetchEvent インターフェイスの request 読み取り専用プロパティは、イベントハンドラーをトリガーした Request を返します。

このプロパティは null 不可です(Firefox の場合、バージョン 46 以降)。 他の方法でリクエストが提供されない場合、コンストラクターの init オブジェクトに request を含める必要があります(FetchEvent.FetchEvent() (en-US) を参照)。

構文

var recentRequest = fetchEvent.request;

Request オブジェクト。

このコードスニペットは、サービスワーカーのフェッチの例からのものです(フェッチの例をライブで実行)。 ServiceWorkerGlobalScope.onfetch イベントハンドラーは、fetch イベントをリッスンします。 起動したら、FetchEvent.respondWith() に、制御されたページに戻す Promise を渡します。 この Promise は、Cache オブジェクトで最初に一致した URL リクエストに解決されます。 一致が見つからない場合、コードはネットワークからレスポンスをフェッチします。

このコードは、ServiceWorkerGlobalScope.fetch (en-US) 操作からスローされた例外も処理します。 HTTP エラーレスポンス(404 など)は例外をトリガーしないことに注意してください。 適切なエラーコードが設定された通常のレスポンスオブジェクトを返します。

self.addEventListener('fetch', function(event) {
  console.log('フェッチイベントの処理:', event.request.url);

  event.respondWith(
    caches.match(event.request).then(function(response) {
      if (response) {
        console.log('キャッシュで見つかったレスポンス:', response);

        return response;
      }
      console.log('キャッシュにレスポンスが見つかりません。 ネットワークからフェッチします...');

      return fetch(event.request).then(function(response) {
        console.log('ネットワークからのレスポンス:', response);

        return response;
      }).catch(function(error) {
        console.error('フェッチ失敗:', error);

        throw error;
      });
    })
  );
});

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
request の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報