console.time()

console.time() メソッドは、長い処理がどれくらいかかるかを計測することができるタイマーを起動します。それぞれのタイマーに固有の名前を付けると、そのページに 10,000 個までのタイマーを実行させることができます。同じ名前を引数として console.timeEnd() を呼び出すと、タイマー開始からの経過時間がミリ秒単位で出力されます。

詳細や使用例については、 console のページのタイマーを参照して下さい。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

構文

console.time(label);

引数

label

新しいタイマーにつける名前です。それぞれのタイマーの識別に用います。同じ名前を使用して console.timeEnd() を呼び出すと、タイマーを終了して時間をコンソールに出力します。

仕様書

Specification
Console Standard
# time

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報