Console.time()

処理時間がどれくらいかを計測するために使用することができるタイマーを開始します。各タイマーに一意の名前を付ければ、ページ内に10,000個までのタイマーを実行させることができます。同じ名前を引数として console.timeEnd() を呼び出すと、タイマー開始からの経過時間がミリ秒単位で出力されます。

詳細や使用例については、 console のページの 『タイマー』 を参照して下さい。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

console.time(label);

引数

label
新しいタイマーにつける名前。各タイマーの識別に用います。同じ名前を使用して console.timeEnd() を呼び出すと、タイマーを終了して時間をコンソールに出力します。

仕様書

仕様書 状態 備考
Console API
console.time() の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
timeChrome 完全対応 4Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 10IE 完全対応 11Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 4WebView Android 完全対応 37Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 10Opera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報