非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

toSource() メソッドは関数のソースコードを表す文字列を返します。

構文

var sourceString = function.toSource();

戻り値

関数のソースコードを表す文字列です。

説明

toSource メソッドは以下の値を返します。

  • 組み込みの Function オブジェクトでは、toSource はソースコードが手に入らないことを示す以下の文字列を返します :
    function Function() {
      [native code]
    }
  • 独自に作成した関数では、toSource はオブジェクトを文字列として定義する JavaScript ソースコードを返します。
  • // 例えば、:
    function hello() {
        console.log("Hello, World!");
    }
    
    hello.toSource();
    
  • // Results in:
    "function hello() { 
        console.log(\"Hello, World!\");
    }"

このメソッドは通常 JavaScript から内部的に呼び出され、コード中で明示的に呼び出されることはありません。デバッグ中にオブジェクトの内容を調査する目的で、toSource を呼び出すことができます。

仕様

いずれの標準仕様に定義されていません。JavaScript 1.3 で実装されました。

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
基本対応
非標準
Chrome 未対応 なしEdge 未対応 なしFirefox 完全対応 1IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしEdge Mobile 未対応 なしFirefox Android 完全対応 4Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なしnodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: segayuu, teoli, ethertank, yyss
最終更新者: segayuu,